A kite dancing in a Hurricane

風の向くまま気の向くままに色々なことを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『スポットライト 世紀のスクープ』、展覧会『メディチ家の至宝 ルネサンスのジュエリーと名画』

映画『スポットライト 世紀のスクープ』


ストーリー(公式サイトより)
2001年の夏、ボストン・グローブ紙に新しい編集局長のマーティ・バロンが着任する。マイアミからやってきたアウトサイダーのバロンは、地元出身の誰もがタブー視するカトリック教会の権威にひるまず、ある神父による性的虐待事件を詳しく掘り下げる方針を打ち出す。その担当を命じられたのは、独自の極秘調査に基づく特集記事欄《スポットライト》を手がける4人の記者たち。デスクのウォルター"ロビー"ロビンソンをリーダーとするチームは、事件の被害者や弁護士らへの地道な取材を積み重ね、大勢の神父が同様の罪を犯しているおぞましい実態と、その背後に教会の隠蔽システムが存在する疑惑を探り当てる。やがて9.11同時多発テロ発生による一時中断を余儀なくされながらも、チームは一丸となって教会の罪を暴くために闘い続けるのだった・・・。

実話に基づく社会派映画ということで、おそらく邦題はインパクトを付け加えたいがために"世紀のスクープ"と添えられたのだろうが、あまりいただけない。むしろ観た後だと邪魔な副題に思われる。が、まあ本質とは関係ないところなのでそれは脇に置いとくとして...
ともかくもこれは傑作だと思う。パンフレットによると監督は、『大統領の陰謀』というウォーターゲート事件を題材とした映画を参考にしたそうだ。
『大統領の陰謀』予告

全体の構成も非常に似ているのは、その辺りによるところが大きいのだろう。
とにかくこれは観るべきである。これまでにもカトリックのスキャンダルを扱った映画と言えば『マグダレンの祈り』、『あなたを抱きしめる日まで』といった作品たちがあったが、それに負けない作品だと言えるだろう。
『マグダレンの祈り』予告

『あなたを抱きしめる日まで』予告

余談ではあるが、この作品で扱われているカトリックの神父による性的虐待の問題は現在進行形だという。ちょっとurlを失念してしまいましたがどこかで見かけた話で、以下のツイート(自分のもので、url先は英語のサイト)では、南米が、性的虐待を行った神父たちの逃げ場所として利用されていることが書かれています。そしてそのことについてヴァチカン(つまりは現ローマ法王)はノーコメントだと。つまり今も問題は解決されておらず、しかもヴァチカンはそれを放置していることを意味しています。
また、映画本編ではゲーガンという神父の話が中心ではあるのですが、現実はもっととんでもない規模にわたるもので、組織ぐるみでその隠蔽を行っており、しかも教会だけでなく学校、信者、警察等々、多くの組織が大なり小なりそこに関わっていたと言う点も上げられていました。
ただ、この映画は決して反カトリックというものではない、と言われています。そして作品の中でもある人物が述べているのですが、教会の腐った体質と信仰はまったくの別物である、ということはきちんとしておきたいと思う。


展覧会『メディチ家の至宝 ルネサンスのジュエリーと名画』
庭園美術館公式サイト
メディチ家所蔵、またはゆかりのあるジュエリー、肖像画を多数取り揃えた展覧会です。メディチ家と言えばその繁栄と衰退だけで幾つもの物語が出来そうなほど話題に満ち溢れていますが、それらを彩った数多くの芸術品を目にすることが出来ます。
個人的には、ジュエリーは小さなものも多かったので、それらをアップにしたもの(写真等)があるともっと良かったかなぁ、などと思ったり...
スポンサーサイト

テーマ:本・音楽・映画・劇他・・ - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hypocrisy184.blog111.fc2.com/tb.php/153-e6baa27b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。