FC2ブログ

A kite dancing in a Hurricane

風の向くまま気の向くままに色々なことを。

「The Butcher of Ark」第8巻翻訳

チャプター8:マスク

3ヶ月も過ぎると、カリアンはわたしのことを、ブラックライブラの一人前の兄弟にする儀式を執り行うに相応しいと考えるようになった。
彼は、わたしは今やその本質を知っているのだから、この道を本当に選びたいのかどうかを聞いてきた。
わたしが留まっているという事実が充分に答えとなっていた。
結局のところ、他に何をなすべきなのか?

わたしは未知なる恐怖から逃げ出し、それがどこから来たのかを見つけるために、かつての生活を後にした。
あなたたちにはばかばかしく聞こえる事だろうが - わたしは、カリアンとその火に、正しき道を見つけたという感じを得たのだ。
わたしたちはライブラのしもべとして生まれたと、ある晩に彼は語った。
しかし、わたしたちの決意を認めるのはわたしたち次第だと。
彼の打ち明けたところによると。彼自身は貴族の息子だという。
わたしとは違って - 彼は生まれたその年のことを覚えているそうだが、いつも自分が別の誰かになるという漠然とした感じを持っていたそうだ。
彼の心の中にもまた、説明の出来ない何かが隠されていた、そして彼もまた、その何かが意識の臨界点を超えた一瞬の出来事があった。
初めての浄化は決定的な経験だった:復讐のために敵対する一族によって暗殺者が雇われたのだ。
彼女はメイドに変装して、部屋に入ってきたが、彼はそれを見破り、雇われ殺人者を打ち負かした。
彼女の罪の味は、彼の最初の一歩だった。

その後に彼を待ち受けていた他の障害については何も話さなかった。
ただわたしは、自分がそれを乗り越えようとしていることだけは知っていた。
わたしは長い間、その不確かなものを気にもしていなかった。
わたしは多くを学び、人生で初めて、特別な誰かのように感じた。
通りにいる誰もが愚か者のように思えた!
無知に満ちた彼らは、平凡な生活を送り、神々に祈り、道の遵守や信心だけが深遠から彼らを守る事ができると信じていた。
悲しいかな、彼らはだまされているのだ!
わたしたちには、自分たちを罪から守るという義務から、自分たちを解放するだけの力はない。
わたしたちだけが、降伏した相手、弱々しく行動した時を見定めるのだ。

人々は、自分たちのことで責任を負いたくないのだと、友であるカリアンはかつて言った事がある。
彼らはそうしてこなかったと。

よりいっそう、わたしは世界をゲーム盤のように見始めた。
わたしたちとは関係の無い星々や自然、あるいは神々がルールを定め、今や人類がそれに対処しようと四苦八苦してる様を楽しく観察しているのだ。
もしかして彼らはこの世の流れから誘惑や罪を取り除く力を持っていたのだろうか?
わたしは知らない。
しかし悪が優位に立つことは想定されていなかった、そしてそれこそが、わたしたちがわたしたちである理由なのだ。

盲人の中にある晴眼者というのは高揚感でもあった。
かつての生活においては何度も。わたしたちの世界では正義がほとんど見つけられないということに無力さや怒りを感じていた。
何度も - あの小さな村でさえ - わたしは犯罪を犯した罪深い男が、その地位や名声、金によって処罰を逃れ、一方で路上生活者が鶏を盗んだ事で地下牢に放り込まれたところを見てきた。
このような出来事はわたしにはつらいものだった、しかしこれは単に世界のありようなのだと思っていた。
しかしブラックライブラは全てを変えた、そしてその一部になるという考えは、わたしの理解の及ばない形で、わたしを勝利の喜びや幸福感で満たした。
これがわたしの不安の原因だったのだろうか?
わたしこと、皮なめしの息子ヤエルは、いつも本当の運命を感じていたのだろうか?
世界に正義をもたらすために?

今でも、ライブラの狂気を理解した後になっても、わたしはこの質問に答える事ができない。
その時は正しい事だとわかっているだけだった。

あなたたちの考えるかもしれないこととは違って、わたしたちライブラの兄弟は犠牲者を恣意的に選ぶ事はない。
堕落者があまりに多くの罪を背負った時、殺害のためのメンバーに手紙で"任務"のことが知らされる。
その場所や状況に関係なく、手紙がどうやってたどり着けるのかわからない。
そこには二つの情報しかなかった:スケッチと名前だけだ。
他の要素 - さらなる情報収集や暗殺計画は - 選ばれた者の仕事だった。

わたしの儀式の前に、カリアンはそのような手紙を4通受け取り、わたしはその仕事のうち3つを目撃した。
あなたがたには、わたしがそんなことを書くのにどうしてそんな無関心なのかを不思議に思うかもしれない、しかし先に述べたように、人の心が適応できない状況などまずありえないという事だ。
そしてわたしは浄化に適応した。
彼らはいつも理にかなっていたが、いつでも残酷に思えた。
わたしたちが殺した相手は誰であっても堕落していて、富や狡猾さで正義を回避できていた。
しかし彼らはわたしたちを逃れられなかった。
ライブラは、エンデラル人やライトボーン、おそらくはその歴史よりも古かった。
誰も、どこの王子が、どの神が、どんな姿無き存在がこれを操っているのか知らず、誰も、選ばれた者が一般の人々とどう違うのかも知らなかった。
たとえ出来たとしても、わたしはこの件を調べる事はしなかった。
なぜわたしがカリアンと会ったのか、あの奇妙なビジョンの根源はとこなのかは気にもしなかった。

わたしの血にひそむ炎により、わたしはもう単なる誰かではなかった。
わたしは特別だった。

~


続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:ゲーム - ジャンル:ブログ