FC2ブログ

A kite dancing in a Hurricane

風の向くまま気の向くままに色々なことを。

「The Butcher of Ark」第7巻翻訳

チャプター7:全ての死せる魂たち

どのくらいの間、意識を失っていたのかはわからない:しかしカリアンの首にはまだわたしの指の跡が見えていたという事実から判断して、ほんの数分のことだったのだろう。
わたしの脇にひざまずいている彼を見た時に考えた最初の事は、わたしの哀れな人生は終わったということだった。
次はカリアンのことだった - ある種の穏やかならぬ魔法により1分以上も締められていながら笑うだけの呼吸をしていられた - 彼はすでに幾度と無くわたしを殺せたのだ。
しかしそうはしなかった。
その代わりに、彼はひざまずいて、わたしにその右手を差し出してきた。
何も考えずに彼の手を取ると、わたしは引き起こされた。
それから、部屋の変化に気が付いた:二人の女の子から拘束道具ははずされていた。
もう二人とも並んで、厚手のウールの毛布をかぶって横たわっていた。
一人は目を閉じていた。
もう一人の目はまだ大きく開いており、カリアンとわたしが部屋に入ってきた時にしていたのと同じく、死んだような視線で壁を見つめていた。

"ファイアパームのエキスだ"、カリアンは言った。
"一滴たらすだけで大暴れしてるイノシシさえ眠らせる"
少しの間、悲しみのかけら - あるいは怒りだろうか? - が彼の視線に現れた。
"彼等は、商品が抵抗出来るようにしたくないのさ"

"商品だって?"、わたしはしばし言葉も出てこず、質問というよりかはただの発言のような返事をした。
不意にわたしは馬鹿げた感じがした。

"そうさ"

わたしは息が詰まりそうになった。
"カリアン、わたしは..." - わたしは疲れて、右手のしぐさを言葉の代わりとした。
"わからない"、疲れ果ててぼんやりと聞こえた。

"気にする事はない
"

カリアンは笑みを浮かべた。

それからベッドの端に腰をかけて、わたしに全てを説明し始めた。"

~
続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:ゲーム - ジャンル:ブログ