FC2ブログ

A kite dancing in a Hurricane

風の向くまま気の向くままに色々なことを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Enderal 吟遊詩人の歌「野良魔術師の歌」

この歌は、野良魔術師についての物語を歌い上げたものです。

野良魔術師(Wild Mage)とは、作中では敵として出てくる魔術師で、どこかの勢力に属しているわけではなく、遺跡や洞窟、あるいは単に街の外でも遭遇することがある。歌の中でも触れられているが、舞台となっているヴィン(もしかしたらエンデラルだけ?)では、魔法の能力を”適切に使えるようになる”ためにはある種の儀式的なことが必要であり、それをしないと悲惨な運命が待ち受けている。
一つにはオールバヤと呼ばれる化け物へと変容してしまうこと。もう一つは青き死と呼ばれる状態になってしまうこと。
いずれにしてもそうなってしまうともう取り返しがつかず、プレイヤーもまた作中ではそれに注意して行動する必要が出てきます。


英語歌詞テキスト参照元

震える手と定かならぬ目
うつろな声と興奮した心
彼らは恐怖と動揺を広めながら大陸中を渡り歩く

炎の壁と氷の矢
瞬きするより先に、彼らは二度あなたを殺す
死は彼らの友であり、破滅は彼らの喜び

マルファスの光は彼らの前に輝いたことはない
アルケニストの熱がその困惑した脳を曇らせる
メイジよ、野蛮にして自由なる者
危険にして気ままなる魔術師
もしその邪なる指を差し向けたなら
あなたもまたすぐに狂気に陥るだろう

遺跡や洞窟に隠れ潜み
太陽を、日中の輝きを避け
夜に呪いと魔力を解き放つ

彼らの仮面の下にあるものは決してわからない
彼らは恐怖、幻惑、そして嘘の達人である
あなたは最後の祈りを口にすることすらかなわない

マルファスの光は彼らの前に輝いたことはない
アルケニストの熱がその困惑した脳を曇らせる
メイジよ、野蛮にして自由なる者
危険にして気ままなる魔術師
もしその邪なる指を差し向けたなら
あなたもまたすぐに狂気に陥るだろう

魔法の炎が頭の中で燃え上がるなら
あなたの魂は狂気と恐怖で満たされるだろう
急げ、さもなくばあらゆる支援が無駄となるだろう

行くべきは水面への旅
さもなくば熱があなたの姿を変容させるだろう
化け物となるか、恐ろしい青き死を迎えん

マルファスの光は彼らの前に輝いたことはない
アルケニストの熱がその困惑した脳を曇らせる
メイジよ、野蛮にして自由なる者
危険にして気ままなる魔術師
もしその邪なる指を差し向けたなら
あなたもまたすぐに狂気に陥るだろう
--------------------------------------
YouTube male bard版

YouTube female bard版
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:ブログ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。